鉄仙のショートショート

札幌在住会社員のショートショート置き場です。

笑顔になれる料理店『スリール』へようこそ!

f:id:sechsmerquise:20171225232711j:plain

 フランス料理店『スリール』。フランス語で『笑顔』を意味するその店には、いつも笑顔が絶えない。オーナーの人柄なのか、看板娘の奈菜のおかげか、誰もが楽しめるフランス料理店として、有名人御用達の店でもあった。

 クリスマスの今夜も店はにぎわっていた。店内に散りばめられた白い雪のようなクロスが敷かれたテーブルを今夜も笑顔の客たちが囲んでいる。そんな中、笑顔のないテーブルがあった。緊張で顔が真っ白な男と明るい笑顔の女が座ってるテーブルである。

「オーナー。あそこ本当に大丈夫なんですか?」

 ホールスタッフの奈菜がカウンターキッチン越しにオーナーシェフに声をかける。

「ナナちゃん。今、忙しんで後にしてくれない?」

「え~、私、暇なんですけど」

 奈菜はふくれっ面で、オーナーシェフに背を向け、先程のテーブルに目をやる。 

「暇じゃないでしょ? ちゃんとタイミング見て音楽かけてよ?」

「あっ、忘れてた。休憩室に取りに行かなくちゃ」

「もう、しっかりしてよ。お客様にとっては大事なことなんだから」

「了解! 奈菜はできる子なんでしっかりお仕事しますよ!」

 奈菜はそう言うと、控室にラジカセを取りに戻る。

 クリスマスの今日、先程の緊張で真っ白な顔の男はサプライズで彼女にプロポーズすることになっていた。予約時に依頼があり、店として全面的に協力することになっていたのだ。

 夜の8時まで後10分になった頃、ホールスタッフの奈菜たちは、全ての客席にクリスマスをイメージした赤と緑のキャンドルを置いてまわる。そして、小声でサプライズに協力してもらうよう伝えてまわる。準備は万端である。

 そして、迎えた夜8時。店内の照明が落ち、各テーブルのキャンドルの灯りが揺らぐ。

 奈菜がラジカセの再生ボタンを押した。

 店内にワム!のラストクリスマスが流れ出す。

 

 ♪ラーストゥクリスマス アイゲブマハー バッザ ベリネクスディ ユアゲヴァウエィ♪

 

「ユカちゃんに大事な話があります」

「何?」

「付き合い初めてから約半年。色々あったけど、あの、その……」

 男が言葉に詰まるのと同時に音楽が止まった。

 慌てて奈菜がラジカセを確かめる。電源は入っているのだが、スピーカーが壊れたらしく音が鳴らない。

「オーナー! ラジカセ壊れちゃったみたい。やっぱり中古はダメだね」

「ちょっと、ナナちゃん。なんで新品買ってこなかったの?」

「だって、普段店では使わないから安くていいかなと」

 

「ラーストゥクリスマス アイゲブマハー バッザ ベリネクスディ ユアゲヴァウエィ♪」

 静かな店内にラストクリスマスの歌が再び流れ出した。音は店中から聞こえてきた。低い声に、高い声。色々な声で歌が歌われる。壊れたラジカセの代わりに、他のお客さんたちが歌い出したのだ。

 その歌声に勇気づけられたのか、再び、男が話始めた。

「僕は自分勝手で、いつもユカちゃんに迷惑かけてばっかりでごめん」

「えっ、何? 急に改まって? それにこの歌、何? もしかして……」

「これからもずうっと、僕のそばにいてください」

 男は女の前に指輪の入った小さなピンク色の箱を差し出す。

「これを受け取ってもらえませんか?」

「やだ……もう……」

「えっ、ダメ?」

「違う。こんなのズルいよ。こんな状況じゃあ断れないでしょ?」  

「あっ、ごめん」

 女は笑顔で泣きながら、右手を男に差し出す。

「ほら早く、指輪をはめてよ。いつまで皆さんに歌わせておくつもりよ?」

 男が慣れない手つきで指輪をはめようとして、緊張のあまり指輪を落としてしまう。

 暗い店内を転がって行く指輪を慌てて男が追いかけようとすると、指輪が宙に浮いて、男の目の前に戻ってくる。男は不思議な光景に驚き呆然とする。

「レディーを待たせては行きませんよ。私のマジックを無駄にしないでください」 

「マジシャン土屋!」

 驚きの声が響く。店内には客として、有名マジシャンがいたのだ。

「アーイ ドンウォンロットクリスマス♪」

 再び静かになった店内にマライキャリーの恋人たちのクリスマスが響く。歌っているのは、最近売れている女性シンガーのアルペジオ貫洞であった。

「キャー、なんで貫洞さんもいるの!」

 女性客のグループが騒ぎだす。

 アルペジオ貫洞は歌いながら微笑み、立てた人差し指を口に当て、静かにするよう他の客に促す。

 店内の客が歌に酔いしれながら、宙に浮く指輪を見守る。

 男も見守る。

「こらー! 何してんだー! 早く、指輪をハメれよー!」  

 大声で叫ぶ奈菜。

「ナナちゃん。静かに!」

「ええっ、でも誰かがツッコまないと」

「いいから静かに」

「ブー」

 オーナーシェフの静止でまた奈菜はふくれっ面をする。

 

 我に返った男が宙に浮いた指輪を掴み、女の薬指にはめる。

「おめでとうー!」

 店内が喜びの声で包まれる。照明が再び付き、女の指にはめられた指輪が光輝く。

 

 指輪を眺めてほほ笑む女と喜ぶ女を見て喜ぶ男。これで全てのテーブルが笑顔になった。テーブルにワイングラスが置かれる。

「こちらは当店からのサービスとなります」

 奈菜は笑顔の二人にワインを注ぐ。  

「やったー! 私、赤ワインが好きなのよ!」

「僕はユカちゃんが好きだけどね」

「やだ、もう、酔っぱらってんの?」

 恥ずかしさのあまり男の顔が真っ赤になる。

「おーい、兄ちゃん顔が真っ赤だぞ!」

 子連れの色黒長身男がヤジを飛ばす。

「あなた余計なこと言わないの!」

 彼の妻が止めに入ったが、時すでに遅く、男の顔はさらに真っ赤になってしまった。

 奈菜は女の横に立って腰を曲げ、女と顔を並べる。

「本当ですね。まるで赤ワインのようです。彼女さんは赤ワインが好きなんですよね?」

「はい、赤ワインも好きですし、目の前の赤ワインさんも大好きです」

 また、店内が笑い声で包まれた。そして、男も照れながら笑った。

 

 フランス料理店『スリール』。ここはいつでも誰でも笑顔になれる店。

 

完?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ナナちゃん、あのラジカセ安かったと言っていたけど、お釣りは?」

「ないですよ」

「なんで?」

「おつかいの御駄賃としてもらっちゃいました」

「まあ少しぐらいはいいか……。ところで、5,000円あげたけど、いくら残ったの?」

「4,900円。あのラジカセ100円だったから」

「ちょっと! もらい過ぎでしょ!」

「いいじゃん、どうせホテル代に充てるんだし」

「……いいの?」

「クリスマスですよ? ほらほら、早く着替えて着替えて!」

 

完!

 

(この作品はフィクションであり、 実在する人物、団体等とは一切関係ありません)