鉄仙のショートショート

2012年に若年性パーキンソン病を発症。アマチュア作家。

龍安寺(りょうあんじ)

こちらの続きです。

www.tessenshortshort.com

 

6:00起床。7:00にホテルを出て、7:20京都駅発の高雄京北線栂ノ尾行で龍安寺へ向かった。朝早いこともあり観光客も数人しかおらず、蝉などの虫の声以外は聞こえず静かだ。

f:id:sechsmerquise:20190911085620j:plain

f:id:sechsmerquise:20190911091211j:plain

8:00開門の数分前に到着したので、まだ門は開いてなかった。

f:id:sechsmerquise:20190911085639j:plain

8:00に拝観料を払って中へ入る。

f:id:sechsmerquise:20190911085655j:plain

龍安寺は、池泉回遊式庭園となっており、南側に鏡容池(きょうようち)と呼ばれる大きな池がある。池には睡蓮が広がっていた。

f:id:sechsmerquise:20190911085712j:plain

空をも覆いそうなほど生い茂る緑と白い石畳のコントラストが美しい。

f:id:sechsmerquise:20190911085734j:plain

木々の根元は苔で埋め尽くされており、一面に広がる緑に癒やされる。

f:id:sechsmerquise:20190911085749j:plain

f:id:sechsmerquise:20190911085831j:plain

f:id:sechsmerquise:20190911085850j:plain

段差の低い緩やかな階段を登ると、石庭のある方丈へと続く入り口にたどり着く。

f:id:sechsmerquise:20190911085910j:plain

観光客は数人しかいないため、とても静かだ。蝉の声に囲まれた建物は、夏のような蒸し暑さはあるものの、澄んだ空気が流れて気持ちが良い。

f:id:sechsmerquise:20190911090008j:plain

f:id:sechsmerquise:20190911090024j:plain

入り口のそばには、石庭のミニチュアが置かれていた。

f:id:sechsmerquise:20190911090104j:plain

龍安寺の石庭は、幅25m、奥行10mの白い砂の上に、東から5、2、3、2、3の全部で15個の石を配置したものである。どの場所から眺めても15個の石全てを一度に見ることができないと言われており、石の数や位置について色々な解釈がされている。

f:id:sechsmerquise:20190911090149j:plain

通常、庭園はどこか別の場所の景色を真似て作庭されるが、この石庭にはそれが見られないので、何か別の意図があるのではないかと言われている。

youtu.be

f:id:sechsmerquise:20190911090353j:plain

横には、侘助椿があった。

f:id:sechsmerquise:20190911090437j:plain

石庭から見て裏側には、『吾唯知足のつくばい』がある。

f:id:sechsmerquise:20190911090511j:plain

f:id:sechsmerquise:20190911090527j:plain

龍安寺によれば、つくばいの中心に書かれた口を上下左右に書かれた漢字と共有すれば、『吾れ唯足ることを知る』となり、禅の格言、仏教の教えを表したものとなるそうだ。『知足のものは貧しといえども富めり、不知足のものは富めりといえども貧し』という意味なのだそうだ。

f:id:sechsmerquise:20190911090548j:plain

あまり知られていないようだが、龍安寺は、上賀茂神社、銀閣寺、八坂神社、西院の高山寺を結ぶと、晴明神社を中心とする五芒星になる場所の一つである。グーグルマップなどで確かめてみると綺麗な五角形になるので興味のある方は一度見てもらいたい。

西院の高山寺とは、栂尾山にある明恵上人(みょうえしょうにん)が開いた高山寺ではなく、賽の河原で有名な西院にある高山寺のことなので注意されたし。

f:id:sechsmerquise:20190911090618j:plain

方丈を出ると細い道を見つけた。

f:id:sechsmerquise:20190911090710j:plain

庭園の順路と逆らうことになるが、気にせず奥へと進むと橋が見えてくる。

f:id:sechsmerquise:20190911090728j:plain

f:id:sechsmerquise:20190911090815j:plain

弁財天が祀られていた。

f:id:sechsmerquise:20190911090830j:plain

木々に囲まれながら出口へと向かう。

f:id:sechsmerquise:20190911090904j:plain

f:id:sechsmerquise:20190911090930j:plain

f:id:sechsmerquise:20190911091025j:plain

水分石(みくまりいし)という立て札を見つける。

f:id:sechsmerquise:20190911091042j:plain

龍安寺を出ると、向かいには妙心寺へ通じる道が見えた。

f:id:sechsmerquise:20190911091238j:plain

私は、そのまま南下して妙心寺を目指した。

 

続きはこちらです。  

www.tessenshortshort.com