鉄仙のショートショート

2012年に若年性パーキンソン病を発症。アマチュア作家。

伏見稲荷大社

 こちらの続きです。

www.tessenshortshort.com

 

6:00起床。7:00にホテルを出て7:12京都駅発のJR奈良線で稲荷駅へ向かう。

7:17。5分で稲荷駅へ到着。駅を出ると、すぐ目の前に伏見稲荷大社の鳥居が現れる。

7時から8時の間なら観光客も少なく落ち着いて見られるということで、この時間に訪れたのだが、外国人観光客はたくさんいた。

f:id:sechsmerquise:20190912191517j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912191552j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912191610j:plain

『楼門』

f:id:sechsmerquise:20190912191945j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912191959j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912191737j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912191742j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912191807j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912191809j:plain

『外拝殿』

f:id:sechsmerquise:20190912191847j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912191856j:plain

『本殿』

f:id:sechsmerquise:20190912192303j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192519j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192326j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192328j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192621j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192719j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192700j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192702j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192748j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192759j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192802j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912192827j:plain

伏見稲荷大社で一番の見所である『千本鳥居』に到着したが、前にも後ろにも人がいて、落ち着かない。

f:id:sechsmerquise:20190912192957j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912193026j:plain

youtu.be

f:id:sechsmerquise:20190912193113j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912193139j:plain

『根上がりの松』

f:id:sechsmerquise:20190912193141j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912193142j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912193228j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912193241j:plain

全部まわると3時間かかるなので、途中の脇道を入って30分コースで帰る。

f:id:sechsmerquise:20190912193337j:plain

鳥居をくぐるより、こういう自然に囲まれた道を通る方が気分がいい。

f:id:sechsmerquise:20190912193354j:plain

f:id:sechsmerquise:20190912193440j:plain

鳥居がたくさん並んでいる光景が幻想的で京都で一番行きたかった場所だったが、前も後ろも観光客で、カップルがイチャつきながら写真を撮っていた。静かな朝の時間帯に自然を感じながら霊的なパワーをもらえる場所と思っていたが、鳥居を背景に女性が写真を撮る撮影スポットになってしまったらしい。

鳥居を撮る人は多かったが、稲荷神社特有のお稲荷様を撮る人は私以外にいなかった。全国にある稲荷神社の総本社であることを考えると、私はテンションが上がる(稲荷神社ひいきなので)のだが、他の人にはただの鳥居がたくさんある神社なのだろう。

やりきれない気持ちになりながら、私は次の目的地である平等院へ向かった。

 

続きはこちらです。 

www.tessenshortshort.com