鉄仙のショートショート

2012年に若年性パーキンソン病を発症。アマチュア作家。

カカオポッドを開きました!

 先月、新千歳空港のRoyce' Chocolate World(ロイズチョコレートワールド)で『カカオポッド』を買いました。

カカオポッド

 

 ロイズチョコレートワールドは、新千歳空港3Fの国内線と国際線を結ぶ連絡通路にあるロイズのお店です。ガラス越しですが、チョコレート作りも見学できます。

 札幌には、いくつかロイズの店舗がありますが、ここロイズチョコレートワールドにしか売っていない限定チョコレートがあります。

 その一つが、この『カカオポッド』です。

 カカオポッドは、カカオの木になる実であり、殻を割ると白い果肉とタネが入っています。

 そのタネを発酵、乾燥、焙煎、粉砕、磨砕、圧搾して作ったカカオマスに、ココアバター、砂糖、ミルクなどを混合して、なめらかになるまで精錬し、調温(テンパリング)して、ココアバターの結晶を安定化させてから、冷却成形して完成します。

 チョコレートは、多くの過程を経て初めて完成する手間のかかるお菓子なのです。

 そのチョコレートの原材料となるカカオポッドを模したチョコレートが、ロイズの『カカオポッド』となります。

 中を開くと、このようにチョコレートでコーティングしたアーモンドチョコがぎっしり詰まっています。

 黒いのが、飴でアーモンドをカリッとコーティングして、ほんのり塩味を効かせたジャンドゥーヤとミルクチョコレートで包んだアーモンドチョコです。

 ピンクのが、同じアーモンドをラズベリーを加えたストロベリーチョコレートで包んだアーモンドチョコです。

 もちろん、外側の殻の部分もチョコレートなので、すべて美味しく食べることができます。

 お土産にすると喜ばれそうですが、割れやすいらしく、買うときに店員さんから警告されました。飛行機に乗る方は、手荷物として機内に持ち込む必要がありそうです。

 チョコレート好きなら一度は買いたいチョコレートだと思います!