鉄仙のショートショート

2012年に若年性パーキンソン病を発症。アマチュア作家。

2019年を振り返って

 今年は変化の年でした。元号が平成から令和に変わり、私も会社を退職しました。

 プロになるまで後一年ほどは無収入のため、あらゆるエンタメ作品の勉強をしなければならないのですが、生活費以外に使えるお金はありません。経費削減のため映画はすべて試写会で見ることにし、4つの試写会に1口ずつ応募して、ありがたいことに3つも当たりました。 

f:id:sechsmerquise:20191221215811j:plain

f:id:sechsmerquise:20191221215810j:plain

f:id:sechsmerquise:20191221215812j:plain

 会社員のときは、なんだかんだ(主に体調の維持)でお金がかかりましたが、今はまったくかかりません。病人が健康な人と肩を並べるということは、かなり無理がかかるということなのでしょう。

 貯金を取り崩して小説に打ち込めるのも、1年が限界と考えていましたが、3年ぐらいは大丈夫そうです。ただ、収入なしで1年はメンタルが持たないので、来年が勝負となります! 理由は分からないのですが、私の体感時間が実際の時間よりも長く、現実の1週間が私には1ヶ月に感じます。そのため、現実の1年を4年に感じてしまいます。

 今年は、エンタメ小説のコツをこれで学んで、 自分に足りないものを知りました。

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない (角川文庫)

小説講座 売れる作家の全技術 デビューだけで満足してはいけない (角川文庫)

  • 作者:大沢 在昌
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/02/23
  • メディア: 文庫
 

 この本に書かれていることの8割は知っていましたが、私に足りなかった残り2割に気づけました。

 そして、足りない2割を知ってから1ヶ月以上はまともに眠れていません(笑) 足りない部分を補わなければならないのですが、何をどうすればいいのか分からなくて迷走していました。

 しかし、これも朝から晩まで1ヶ月以上悩みながら、執筆を続け、本を読んだ結果、現実では1ヶ月の時間しか流れていませんが、私の体感時間で約4ヶ月かかって何とかつかめました。

 後、2作ほど長編を執筆すれば身につくかと思われますので、あと1年(体感時間4年)はかかりそうですが、手応えはありますので、ご安心を!