鉄仙のショートショート

2012年に若年性パーキンソン病を発症。アマチュア作家。

オリンピックのマラソンを気持ちよく札幌で走らせてあげください!

 東京オリンピックのマラソンが札幌で行われることが決定したことで、札幌の中心部にある大通公園でのビアガーデンが中止になったという話題がTwitterで繰り広げられていました。

 それについてビアガーデンは、祭りや花火大会と同じ『風物詩』だから札幌市民は残念がっているというツイートがありまして、私も同じ札幌市民として、「ビアガーデンは風物詩ではない」と言いました。

 実際、ビアガーデンを風物詩と言っているのは、ビールを飲む大人だけなんですよ。小学生が夏に「今年も暑い夏がやってくる。ビールの季節だ」と思いますか? 海水浴とか、花火大会を楽しみに待つ子供はいても、ビアガーデンを楽しみにする子供はほとんどいませんよ。いたとしても、それはビール目当てでなく、一緒に食べる枝豆や焼き鳥じゃないですか?

 なのに、なぜ勝手に札幌市民を代表して「ビアガーデンは風物詩」とか言ってしまうのですかね。個人の意見なら問題ありませんけど、勝手に札幌市民を代表しないでもらいたいです。

 それで私が、「ビアガーデン中止でも残念でない人もいる」といったら、「主語でかい!」と言われました。主語でかい? いやいや、札幌市民を勝手に代表した人と違い、一部の人と断って発言していますからね。主語は、でかくありませんよ。

 さらに、「酒が飲めないからって反対するな!」とか言われましてね。

 私、飲めますから。ビールどころか、輸入クラフトビールをネット注文する男ですよ? ただ、私を含め、毎日のようにアルコールを飲まない人たちにとっては、ビアガーデンはどうでもいいことなんです。 

 そもそも『ビアガーデンを楽しまない=アルコール飲まない』という方程式は成り立たないのです。世の中には宅飲みというものもありますから。

 

 どこで飲むかでなくて、誰と飲むかが大事じゃないですか?

 

 飲めれば、何でもいいよって言うなら、それはアル中ですよ。

 ただ、私はアル中じゃないんで、飲むのは、たしなむ程度です。冠婚葬祭や歓迎会、送別会、デート以外では基本飲みません。だから、飲むのも年に数回です。

 大通公園のビアガーデンが中止になったぐらいで騒がないでもらいたい。飲みたければ、公園の向かいのビルに足を運んで居酒屋に入ればいい。ビルの屋上でビアガーデンをやっているところもある。中心部にあるビール工場でもビアガーデンはやっている。

 東京の人が手放したくなかった、世界の人が期待しているオリンピックのマラソンを、一部の人がちょっと我慢するだけで開催できるならいいと思いませんか?

 夏の札幌でオリンピックなんて一生に一度しかないチャンスなのに、それに水を差すようなことを言っている一部のビール好き札幌市民は恥を知ってもらいたい。

 ビアガーデン中止が残念だから、残念と言っただけですって? マラソンを走る人の耳に届いたらとか考えないのですか? 札幌市民に反対されていると思いながら走らなくてはならないのですか? オリンピックを目指して、何年間も頑張ってきた人たちが、楽しく走れるようにとか配慮できないのですか?

 ビールが飲めるってことは、年齢は大人なんですよ。ビアガーデンが中止で残念だと思っても口に出すべきではない。ましてや、拡散されるSNSに流すなんて配慮に欠けています。

 後半、少し感情的になってしまいましたが、私は、世界中のアスリートたちが目指したオリンピックを日本の中心である東京が引き受けた以上、何としても成功させるべきだと思います。だから、東京が勝手に引き受けたから札幌は関係ないとか言っている場合ではありません。これは、札幌と東京で争う問題ではありません。世界の人から見れば、開催地は東京ではなく、『日本』なんです。

 それを頭に置いた上で、札幌市民は、世界から集まるマラソン選手が快く走れる環境を提供すべきではないかと思います。