鉄仙のショートショート

札幌在住会社員のショートショート置き場です。

文フリ用連載『この心臓が動く限り、俺は諦めない』17

 普段、総務部には長居しないから気づかなかったが、部屋中いたるところに背丈を超える高さのグレー色のキャビネットが立っている。席の配置に合わせて並べているようで、一人に一つ当たっているようだ。デジタル社会の今時、紙の書類で仕事をやっているとはなんとも時代遅れである。呆れながら部屋中を見回していると、各自の机の上が色鮮やかであることに気がついた。男だらけの営業部と違い男女半々の総務部はそれぞれの机の上に、キャラクターグッズなどが置いてあって同じ会社とは思えないほどだった。

 アイドルやアニメのキャラグッズを並べる机が多い中、鈴原さんの机は少し毛色が違った。北海道の人なのに、北海道のゆるキャラたちが十数体並んでいた。一人旅が好きで全道を回っていると言っていたので、このゆるキャラたちは観光地をめぐったときの記念品なのだろう。お茶を習ったり、一人旅に出かけたり、本当に鈴原さんは行動的な人だ。

 ブーブーと音を立ててスマホが震えた。鈴原さんからの電話だった。三十分ほど待たされたがやっと返事がきたようだ。

「ごめんなさい。もう一度調べたらバッグの底に入っていました」

「鍵があって良かったよ。じゃあ、今夜七時に三越前のHILOSHI(ヒロシ)で」

「はい。じゃあ、また後で」

 「また後で」か。今夜は久しぶりのデート。いつも食事だけで終わっていたが、今夜こそは最後まで行ってやる。ただのいい人で終わるのも今夜で終わりにしよう。元は取らせてもらおうか。

 これから起こる楽しい甘いひと時を想像しながら、俺は締まらない顔をさらに緩ませた。

 

フリ用連載『この心臓が動く限り、俺は諦めない』18へ続く