鉄仙のショートショート

札幌在住会社員のショートショート置き場です。

文フリ用連載『この心臓が動く限り、俺は諦めない』16

「鈴原です。佐伯さん、今、どこにいます?」

 鈴原さんからの電話だった。

「大通公園近くの喫茶店にいるよ?」

「佐伯さん、会社のセキュリティーカード持っていましたよね?」

 セキュリティーカード? 前にも鈴原さんに聞かれたな。あれは付き合い始める前だったか。

 俺の会社はセキュリティー会社に警備を依頼しており、会社の鍵とセキュリティ―カードがないと会社のドアを開閉できないシステムになっている。そのため、朝一番で出社する人と、最後に退社する人が鍵をかけることになっていた。

 セキュリティーカードには事前に所有者が登録されており、誰がいつ開閉したのかも記録されるようになっているが、そのセキュリティーカードを所有しているのは、社内で数人しかいない。そのため、セキュリティーカードを持っていない人が、急用や残業で鍵の開閉をする必要がある場合は、誰かに鍵とセキュリティーカードを借りなくてはならない。

「持っているけど、なんで?」

「会社に忘れ物をしてしまって」

「分かった。俺がこれから取りに行ってあげるよ」

「私もこれから会社に行きますので」

「いいよ、どこにあるか教えてくれたら俺が店まで持って行くから」

「ありがとうございます。私のデスクの右の一番上の引き出しにピンク色のキーケースがあると思うので、よろしくお願いします」

「キーケース? 昨日の夜、家に帰らなかったの?」

「昨日の夜は友達と遊んでそのまま泊まったので」

「なるほどね。分かったよ。それじゃあ、これから取りに行ってくるから」

「よろしくお願いします」

 スマホをしまうと、俺は急いでケーキを口に入れ、熱々のココアで火傷をしないように息を吹きかけながら、ちびちびと急ぎながら飲み干した。

 

 誰か休日出勤してるかもしれないと思ったが、会社の駐車場に車一つ停まっておらず、鍵もかかっていた。セキュリティカードを通すとランプが赤から緑に変わる。電子ロックのか解除を確認してから、鍵を開けて会社に入ると、室内は外と同じぐらい冷えていた。総務部の中へ入ると、まっすぐに奥まで進んで鈴原さんのデスクの引き出しを開ける。

 引き出しの中には数本のボールペンが入っているだけで、他には何も入っていなかった。いくらパソコンの時代だと言っても、これは少なすぎなのではないか? 鈴原さんは文房具を全く使わない人なのか? ガラガラの引き出しは、見落とししてしまうような状態ではなく、確かめるまでもなく間違いなく他に何も入っていなかった。

 俺は鈴原さんに確認するため電話をしたが、いくら待っても電話にでなかったので、諦めてLINEを送った。

『今、会社にいるけど、キーケース引き出しになかったよ?』

 五分待っても返事がないどころか既読にもならない。忙しくて俺のLINEに気がついてないのだろう。仕方がないので、俺はそのまま、鈴原さんの椅子に座って待つことにした。

 

文フリ用連載『この心臓が動く限り、俺は諦めない』17へ続く