鉄仙のショートショート

札幌在住会社員のショートショート置き場です。

第三回文学フリマ札幌に行ってきました!

 今日は札幌で自作の本を売るイベント『文学フリマ』がありました。

 今回、私は売る側ではなく、買う側として参加しました。

 

 第一印象は、熱い! です。気温がではなく、熱意です。

 売る側が熱いのは当たり前かもしれませんが、買う側も気合が入っていました。お目手当の作家がいるらしく、お気に入りのブースで作家さんと楽しそうに話している方もいて、ちょっとした有名人みたいでした。

 売られている本もコピー用紙をホチキス止めしたものから、しっかりと製本されていて、本屋で売られているものと変わらないものもありました。その分、お値段の方も高く、コピー用紙の本は一冊100~300円でも、しっかりと製本されたものは500円~1,500円と中々のお値段でした。例のごとく、私は即決即買なので、作家さんも「えっ? お値段見ました? 1,000円超えですよ?」と言う顔をされておりました。

 いやいや、その価格、妥当なんでしょ? 高いと思うのなら、その値段で売らないでよ? と思いましたね。漫画の同人誌とかは数ページで1,000円とかザラですからね。それにマズいラーメンに800円払うよりは、遥かに価値がありますよ。もっと自信をもって欲しい物です。買った私の方が不安になるでしょうが(笑)

 今回、気づかされたのが、紙の本は見た目と価格のバランスが全てだということです。中身は全部読まなければ判断できないので、いわゆるジャケ買いになります。いくらあらすじを教えてもらっても、中身の価値はその場では判断できません。漫画なら題材と絵で判断できますが、小説は難しいです。

 私は、軽く流し読みして、最低限の小説文法を守って書かれているか? 会話文、地の分だけになっていないか? 常用漢字以外の難読漢字を多用していないか? 専門用語ばかりで流れが悪くないか? などをチェックして、小説自体の出来を判断しました。

 それに加え、作家は本を売る気があるかも見させていただきました。ここが一番大事だと思います。机に本を並べているだけで、客に何もアピールしない。または常連客や知り合いだけとしか話さない、というの作家の本は読まなくても内容がつまらないのは分かります。会話文が生き生きしているかどうかは、日ごろのコミュニケーション量に比例するからです。会話文なしでも面白い小説はありますが、そういう作品は文学フリマで売らなくても、書店に並びます。黙って机に本を並べるだけで売れるのは、有名作家だけです。話すのが苦手なら、文章でアピールすべきです。大きなポップを作って、「自信作です! これを逃したらあなたの人生、三割損します!」とか書いてもらいたいものです。本と値段だけを机に置いて終わりって、それでもあなた物書きですか? 本物の小説家は文章だけで人を操るものです。ある男性は、文章だけで女性を落とすことで有名でしたよ? それこそジェダイの騎士のように言葉だけで女性を次々に惚れさせていたものです。最後はダース・ベイダーになって、お亡くなりになられましたが……。

 それにしてもこの文学フリマ。本当に不親切なイベントです。漫画やボードゲームなどのイベントでは事前にカタログが手に入りますが、文学フリマでは、イベント当日に会場で配ります。ネットカタログは事前に読めましたが、紙の本を売るイベントということを考えると、文学フリマこそ、事前に紙のカタログを出すべきでないでしょうか? と言っても、肝心の小説の冒頭が書いてあるという訳でもなく、買うための判断材料が乏しいカタログでしたが(笑) 

 イベント当日まで作品ができないので、カタログに載せられないというサークルもあるのでしょうが、それはおかしい話です。それなら事前に完成した作品だけを売ればいいこと。ギリギリ完成した作品を売るのなんて失礼です。そういう時は、来年のイベントにまわしてください。

 そんなわけで、私の初めての文学フリマは終わりました。今日、買った小説は明日から読みます。