鉄仙のショートショート

札幌在住会社員のショートショート置き場です。

忘れていた過去を見つけたお話。

f:id:sechsmerquise:20181211214134j:plain

 今日、『はてしない物語』を買いました。この小説は私が小さい頃好きだった映画『ネバーエンディングストーリー』の原作です。

 先日、サークルの宣伝も兼ねて他の方のアンソロジーに参加することにし、ここ数日、そのテーマにあったお話を書いていました。そして、すでに2作も没にしました(涙) アンソロジーのテーマが『本』だったのですが、『本』というテーマは解釈の幅が狭く難しいです。それでも、思いついた話を書き進めている内に、どこかで見たことのあるような出だしだなと思ってネット検索して見つかったのがネバーエンディングストーリーだったのです。

 小さい頃に見た映画だったため、内容についてはほとんど覚えていないのですが、いじめられっ子が古書店に逃げ込むという出だしが同じでした。

 私はネバーエンディングストーリーが大好きでした。それなのに、内容は全くというほど覚えておらず、白い犬にしか見えない龍の『ファルコン』と岩の巨人が出てくることしか覚えていません(笑) 

 それでも、私にとっては人生を変えた作品です。なぜなら、生まれて初めて、私が親に見たいと言った映画だからです。

 あの頃の気持ちを思い出して、仕事帰りに原作本を買ってしまいました。

 私は、昨日まで、小説を書いて有名になりたいと思っており、芥川賞を取るとも言っていました。商業デビューするために公募の傾向に合わせた作品をたくさん書こうとしていました。

 しかし、それはもうやめます。

 今後は、商業デビューするためにエンタメ小説を書くのではなく、何度も読み返したくなるような小説を書きます。結果として、商業デビューできれば嬉しいですが、目指すは人生を変える一冊を書き上げることです。

 来年の文学フリマ札幌で販売できるよう今から頑張ります!