鉄仙のショートショート

札幌在住会社員のショートショート置き場です。

札幌で日本酒120種と世界の酒が飲み放題できる店『北のポン酒城』で日本酒を堪能!

f:id:sechsmerquise:20171022122250j:plain

 札幌でも珍しい日本酒120種と世界の酒が飲み放題で楽しめるお店『北のポン酒城』で日本酒の利き酒をしてきました。

※お酒の名前の前に☆マークがついているのは、俺の好みにあった日本酒です。俺は甘口が好きなようです。日本酒度がプラスなら辛口、マイナスなら甘口です。また、酸度が高ければ芳醇な味わい、低ければ淡麗な味わいになります。いわゆる日本酒は辛口が多いため、日本酒が嫌いな人には甘口をオススメします!

『北のポン酒城』について

  北のポン酒城とは、札幌でも珍しい日本酒120種と世界の酒が飲み放題で楽しめるお店です。最初に飲み放題の時間を選んだら、後はセルフです! お猪口を3つ選んで専用のトレーの載せ、日本酒が並んでいる冷蔵ショーケースから好きな酒を選んで専用テーブルで注いで、自分の席に戻って飲むだけ!

 お客さんが多い時間の場合、お酒を注ぐ専用テーブルが混みそうですが、俺が寄った土曜の開店直後17時からの1時間で客は俺一人でしたので、待ち時間なく飲み放題でした。貸切状態だったので、一人酒も辛くありませんでした。といいますか、色んな酒を飲もうとすると会話する余裕はないと思います。俺は1時間コースを選んで、1時間ひたすら黙々と酒を飲んでいました! 連れがいる場合は、2時間以上のコースを選ぶことになると思います。

f:id:sechsmerquise:20171022122450j:plain

北のポン酒城

今回のおつまみ

 おつまみの持ち込みOKなお店なんで、俺は自家製チャーシューなどを持ち込みました。

f:id:sechsmerquise:20171022122202j:plain

 今回は左上から、自家製チャーシュー、あい鴨パストラミ、佃煮4種(白じゃこ、黒ゴマくるみ、わかさぎ、ピーナッツみそ)、缶つまプレミアムの北海道ほたて燻製油漬け、カマンベールチーズ、焼きかわはぎ、焼き鳥(塩)、砂肝です。多めに用意しましたが、俺一人で飲みながら1時間で食べきりました。

今回のテーマ

 今回は自分の好みを把握するため、1時間で基本の15種類を制覇してきました!

f:id:sechsmerquise:20171022122438j:plain

 

 武内酒造 一滴千山 純米原酒TAKE1(テイクワン)

f:id:sechsmerquise:20171022122211j:plain

アルコール度数:13度

日本酒度:-40

酸度:2.5 

タイプ:淡麗・甘口

特徴:甘酸っぱい日本酒。

☆松竹梅 白壁蔵「澪」 スパークリング清酒 

f:id:sechsmerquise:20171022122221j:plain

アルコール度数:5度

日本酒度:-70

酸度:4.0

タイプ:淡麗・甘口

特徴:ほんのりブドウの香りがする発泡日本酒 。アルコールが苦手な人でも飲める。

☆一ノ蔵 ひめぜん(オリジナルラベル)

f:id:sechsmerquise:20171022122233j:plain

アルコール度数:8度

日本酒度:-70~-60

酸度:4.5~5.5

タイプ:濃醇・甘口

特徴:甘い日本酒。

 一ノ蔵 ひめぜん きりり(オリジナルラベル)

f:id:sechsmerquise:20171022122242j:plain

アルコール度数:10度

日本酒度:-50~-40

酸度:5.0~6.0

タイプ:淡麗・甘口

特徴:『一ノ蔵 ひめぜん』を甘さ控えめにしてアルコールを強くした日本酒。

☆嘉美心 木陰の魚

f:id:sechsmerquise:20171022122250j:plain

アルコール度数:8度

日本酒度:-80~-65

酸度:6.5~7.5

タイプ:淡麗・甘口

特徴:あんずの香りがするワイン風味の日本酒。

 亀の井酒造 くどき上手 超辛口吟醸ばくれん

f:id:sechsmerquise:20171022122301j:plain

アルコール度数:18~19度

日本酒度:20

酸度:1.0

タイプ:淡麗・辛口

特徴:フルーティーで辛い日本酒。

 八海山 本醸造

f:id:sechsmerquise:20171022122310j:plain

アルコール度数:15~16度

日本酒度:4

酸度:1.4

タイプ:芳醇・辛口

特徴:日本酒の定番で有名だが、実につまらない日本酒。

 久保田 千寿

f:id:sechsmerquise:20171022122321j:plain

アルコール度数:15度

日本酒度:5

酸度:1.1

タイプ:淡麗・辛口

特徴:日本酒の定番で有名だが、実につまらない日本酒。

 山法師 爆雷 純米 辛口生原酒

f:id:sechsmerquise:20171022122331j:plain

アルコール度数:18~19度

日本酒度:28

酸度:1.7

タイプ:淡麗・辛口

特徴:辛口過ぎる日本酒。

 

 刈穂 弐拾六 山廃純米

f:id:sechsmerquise:20171022122339j:plain

アルコール度数:19度

日本酒度:26

酸度:1.7

タイプ:芳醇・辛口

特徴:辛口過ぎる日本酒。

☆川鶴 讃岐くらうでぃ

f:id:sechsmerquise:20171022122347j:plain

アルコール度数:6度

日本酒度:-70

酸度:5.0

タイプ:淡麗・甘口

特徴:麹を3倍使用したクリーミーで甘酸っぱくてアルコールも低い、甘酒に近い日本酒。

 長期熟成古酒 達磨正宗 酉年限定ブレンド

f:id:sechsmerquise:20171022122357j:plain

アルコール度数:15~16度

日本酒度:-5

酸度:不明

タイプ:芳醇・辛口

特徴:酉年である昭和56年・平成5年・平成17年のお酒をブレンドしたブレンド古酒。

 北雪酒造 鬼夜叉(青鬼) 金星 遠心分離 普通酒

f:id:sechsmerquise:20171022122407j:plain

アルコール度数:16度

日本酒度:7

酸度:1.4

タイプ:淡麗・辛口

特徴:遠心分離による雑味のない日本酒。

 菊正宗 生酛純米 樽酒

f:id:sechsmerquise:20171022122417j:plain

アルコール度数:15度

日本酒度:5

酸度:1.3

タイプ:芳醇・辛口

特徴:生酛造り(きもとづくり)の日本酒を樽に詰め、樽の香りをつけた日本酒。

☆山口酒造場 鶯印のどぶろく

f:id:sechsmerquise:20171022122428j:plain

アルコール度数:6度

日本酒度:-80

酸度:4

タイプ:芳醇・甘口

特徴:乳酸たっぷりの甘酸っぱいどぶろく。

日本酒のイメージと飲むべき日本酒

 アルコールに強すぎてビールで酔えない特異体質の俺がアルコールを捨ててから13年。カクテルなら酔えると毎日カクテルを飲みましたが、見た目の綺麗さとは対照的な不味さで半年で飽きました。それから1年後に行きつけの床屋さんで勧められた日本酒が松竹梅 白壁蔵「澪」 スパークリング清酒でした。ブドウ炭酸ジュースと日本酒の間みたいな味で、初めて飲んだ時はこれで日本酒なのかと驚きました。その後、会社の飲み放題などで他の日本酒を試し飲みしましたが、どれも淡麗辛口ばかりで俺には合いませんでした。

 数年後、居酒屋で見つけた加茂福酒造の『死神』。インパクトのある名前に惹かれて飲んだら、なんとまあ、これが美味いこと! 後で調べたらこの死神は、広く流通している淡麗辛口の日本酒と真逆の道を進んだ芳醇甘口の日本酒でした。

 日本酒には、甘口・辛口、淡麗・芳醇の4つの方向性があり、その方向性でガラッと味と印象が変わります。

 今、日本で一番美味いと言われている日本酒は淡麗辛口の獺祭(だっさい)です。俺もネット評判で知って飲みましたが全く合いませんでした。日本酒好きだと言う人の多くが淡麗辛口好きです。しかし、好みもあるとは思いますが、本当に美味い日本酒は甘口なのではないかと思います。

 同じ意見の人はいないのかネットで調べたらこんな意見を見つけました。 どれも日本酒の専門家の意見です。

toyokeizai.net

ameblo.jp

www.nikkeibp.co.jp

 とはいえ、結局は好み次第なんでしょうね。今まで日本酒が合わないと思った方には、是非甘口を飲んでもらいたいですね。日本酒のイメージがまるっきり変わると思うので!