鉄仙のショートショート

札幌在住会社員のショートショート置き場です。

スマホ広告がウザいので規制したい。

f:id:sechsmerquise:20180108105933j:plain

 最近、スマホでネットサーフィンをしてイラつくことがある。サイトに表示される過剰なまでの広告だ。

  スマホでホームページなどを見ていて、画面をスライドしようとした時や次のページへのリンクボタンを押そうとした時に、画面の下から急に出てきて誤クリックを誘う広告がウザい。

 また、最近復活したグーグルを語ってウィルス感染を装う詐欺広告も本当にウザくて、殺意が沸く。

 エロサイトを見ていて架空請求の詐欺サイトに飛ばされたとかなら自業自得と納得できるが、最近は個人のブログを読んでていても、このように意図しないサイトに飛ばされることが増えてきた。

 個人が開設したブログで広告収入を得ることについては反対しないが、あのような誤クリックを狙った広告やスマホの画面を覆うような広告は、広告を掲載するブロガーだけでなく、広告主に対しても悪い印象を持つ。

 金を稼ぐならどんな方法を使用してもいいと思っているなら、それは間違いである。その発想は犯罪者の発想である。そして、そのような行為はいずれ犯罪として認識され、必ず規制されるだろう。

 現在、日本では表現の自由からブログなどでの個人の無責任な情報発信が許容されている。個人だから影響力が少ないし、匿名だから何かあっても逃げられると思っているようだが、そんなことを言っていられるのは今だけである。

 これはブログだけでなく、ユーチューバーも同じであるが、いずれネット広告で収入を得る者たち全てに規制が入るだろう。

 人を騙して儲けている奴をそのまま放置していられるほど、この世界は寛容的ではない。

 ちなみに、ハフィントンポストブロガーの人(最近は小説の執筆業で忙しいらしく、こちらでは書いていないようだが)もこのようなことを述べていた。

www.huffingtonpost.jp

 はてなブロガーで、ハフィントンポストに招待された人は、みんな有名ブロガーであり、ほとんどの人が本を出版している。やっぱり編集者はプロだから、作家になる人を見極められる目があるのだろう。

 俺も死ぬまでには本を出版して、書店に並べてもらって、サイン会を開きたいと思っている。詐欺まがいの広告収入ではなく、実力の印税で収入を得たいものである。