鉄仙のショートショート

札幌在住会社員のショートショート置き場です。

協力型ソリティア『TRIANGLE(トライアングル)』レビュー!

『TRIANGLE(トライアングル)』とは?

 ゲームデザイン:のざくに、イラスト:あかかった、作成:つれづれ愚者 によるボードゲームです。

 プレイ人数は1人~4人、プレイ時間は約15分、対象年齢は6歳以上となっています。

 

パッケージ

  トランプと同じぐらいの大きさで白を基調としたお洒落な箱です。

f:id:sechsmerquise:20180328223916j:plain

 

コンポーネント

 カードのデザインがとにかく美しい! キャラクターたちの輪郭線は切り絵のような線で描かれており、絶妙な色使いと相まって、芸術性の高い一品となっています。眺めているだけで癒されます! 

f:id:sechsmerquise:20180328223931j:plain

 カードの表面は艶消しとなっており蛍光灯の下でも見やすいです。表面もしっかりコーティングしてあり耐久性も十分ですし、何よりサラサラな手触りがいいです。

f:id:sechsmerquise:20180328223940j:plain

 

ルール

 ルールは簡単。プレイヤーは順番に手札を出して場のカードを減らしていくだけです。ボードゲームでは珍しい協力型のゲームです。手札の開示はできませんので、お互いの手札を予想しながら阿吽の呼吸で協力することになります。

f:id:sechsmerquise:20180328223949j:plain

 場にある重なっていないカードが同じ数字のペアになっていれば、場から取り除くことができます。写真ではたまたま隣合わせになっていますが、隣り合わさっている必要はありません。カードの全面が他のカードで重なっていなければ、ペアとして取り除けます。

f:id:sechsmerquise:20180328223959j:plain

 ペアで取り除いたカードで、重ならずめくれるものは表にします。

f:id:sechsmerquise:20180328224008j:plain

  めくってペアになっていれば、そのまま取り除けます。上手く行けば、ぷよぷよの連鎖みたいにどんどん消えて行きます。今回はペアにならなかったので、次の手順に進みます。

 手札に同じカードがあれば、場で重なっていないカードを1枚選んで合わせてペアとして一緒に取り除きます。もしくは場のカード1枚(4のカード)と同じ数字になるよう手札のカード2枚を引き算して(例えば6-2=4)同じ数字になるよう選び、手札2枚(6と2のカード)と場の1枚(4のカード)を一緒に取り除きます。または右側に置かれているジョーカー(好きな数字として扱える特殊なカード)を借りてペアとして取り除きます。

 このような形で場のカードを減らしていきます。パスはできないので、手札を出せない時はジョーカーを使用することになります。

 場のカードを全て取り除くか、出せるカードが無くなれば、そこで終了です。

 プレイヤー同士の相性が試されるゲームでだと思います。

 

ちなみに……

 ここまで紹介しておいてなんですが、このゲームは一般流通に乗っていないため、入手困難です(笑) 

 通販なら下記サイト、リアル店舗では(ボードゲームを取り扱っている)イエローサブマリンまたはRPGショップ(イエローサブマリンのボードゲーム専門店)で買えます。見つけたら是非、遊んでみてくださいね!

www.dear-spiele-s.com