鉄仙のショートショート

札幌在住会社員のショートショート置き場です。

これから書く小説のあらすじ

『ボーダー』(連作短編)

 ある日、仕事人間である独身男の井上は進行性の不治の病を宣告される。真面目に生きれば幸せになれると思っていた井上にとって、それは世界の裏切りだった。 病気になって初めて直面した健康な人と病人の境界線(ボーダーライン)。自暴自棄に陥った井上が踏み入れてしまったネットの世界とその住人たちと織りなす非日常的なやり取りが、井上の人生を大きく変えていく。普通の人生というレールから外れてしまった井上が見つけた新しいレールの先にあったものはとは……。

 表題作『ボーダー』を含む6人の主人公が織りなす6つの物語。

  

『noise(ノイズ)』(短編)

 無料動画サイトで公開された無人で動くブランコの動画を見た人たちが次々と原因不明の死を迎える事件が起きたる。事態を重く見た運営会社によって動画の公開は停止されたものの、悪意のある悪戯によって奇妙なノイズが抽出された音声データがネットを通じて日本中に拡散されてしまう。騒音だらけの日本に紛れ込んだ死をもたらすノイズという音の呪いに政府は対策本部を設置するのだが手の打ちようがなく困り果てる。そんな中、SNSを通じて『呪いには呪いで対抗しよう!』と呼びかける謎の男が現れて……。

 台無しホラーという新しいジャンルを生み出した問題作!

  

『not gray(ノット・グレー)』(長編)

 超能力が科学的に解明された現代。世界には、生まれつき超能力が使える『ナチュラル』と人間の脳を刺激して一時的に超能力を与える麻薬『over』を使った人工超能力者『デブリ』という二種類の超能力者が存在していた。デブリによる犯罪を取り締まる警視庁特殊事件対策係の『同じ男と寝ない女』白居咲姫と元宗教団体教祖であり『ナチュラル』でもある異常知覚能力者の『死なない男』鬼塚黒弥は、対立しながらも共通の敵『不在人』真壁(まかべ)を追いかける。

 不必要なまでに官能表現が多いと話題になった異色のミステリー作。

 

ここまで書いてなんですが……

 短編書くの楽しそう! なんかもう、あらすじだけで満足した!